「ウェブ解析士マスターの使命は教えるではなく伝えている」そのわけ

この記事の所要時間: 319

ウェブ解析士講座 で教えるではなく伝えているわけ

2012年より初級ウェブ解析士認定講座と上級ウェブ解析士認定講座を横浜で開講しています。
私にとってのウェブ解析士認定講座は教えるのではなく伝えること。
そして受講生ではなく参加者

開催が週末であるわけ

私はハマ企画という会社を経営しています。

私はハマ企画という会社を経営しています。
この会社はホームページ制作会社(Webサイト制作会社)です。
売上を大きく占めるが制作業務と更新運営(約50%)
次に多いのが、Web解析をはじめとするコンサルティング業務(約20%)

週末に開催したのは、
週末に業務をやっていないということではなく週末のお休みでも

  • 自分に成果を出したい
  • 自分自信にインパクトを出したい

そんな方々に参加して頂きたかった・伝えたかったからです。

参加者に伝え続けるためにはじめたことWeb解析横浜

参加者に伝え続けるためにはじめたことWeb解析横浜

伝えるということは責任が生じると私自信感じています。
合格したらオシマイ。
講座カリキュラムが終了したらオシマイ。
せっかく集まった皆さん、ここで縁が終わるというのはとても寂しいものです。

それにWeb解析やウェブマーケティングなど、ウェブに関わる技術は
日々進歩しているため、終わりはありません。

私を選んで頂いた方へは、私は責任をもって伝え続けなければいけない。
選んで頂いた縁を大事にするということは、社会的責任です。
社会的責任というものは経営の1つであるため、私は伝えということを始めた時点で
伝え続ける覚悟が必要と感じたわけです。

Web解析横浜というグループは衆知を集める「家族」

Web解析横浜というグループは衆知を集める「家族」

私の上級ウェブ解析士認定講座受講者に限り参加できます。
「限り」というのは視野が狭いと思われるかもしれませんが、このグループの
軸は「私の」です。私を訪ねて・指名していただいた方への恩返しとなっているため
この軸を変更する気持ちはありません。
もしこの活動がよい活動ならば、参加いただいたグループのメンバーが各自、
拡散していただけると信じていますし。

どのようなグループか箇条書きで

  • ソーシャルのグループで情報交換
  • 定期的に参加者が主役となっるセミナーを開催
  • 興味深い新しいテクノロジーを勉強する
  • 疑問を解決するためのワークショップを行う
  • お互いの業務を高めるために仕事を共有する

衆知を集めるグループであり「家族」です。
また分科会として
Dream、マーケティングオートメーション研究会などが誕生しています。

Web解析横浜が支えている活動

ウェブ解析士横浜会議

ウェブ解析士初の大型イベント「ウェブ解析士横浜会議」のStaffはWeb解析横浜です。


2016年2月27日にウェブ解析士協会としては最大の400名イベントの運営もWeb解析横浜です。

ウェブ解析士講座で伝えるわけ

このわけの答えは、ハマ企画の経営理念の中の1つにあります。
※ハマ企画は2016年第2創業と位置づけて経営理念を変更いたします。

  • 私たちは、数に感情を持たせることによりお互いに共感できるようになるます。
  • 私たちは、インターネットのわからないをわかるように問題解決を導き、皆さまと共に成長しす
  • 私たちは、インターネットを通じて共に交流し皆さまが共感の中から成長出来る場を提供します。

「インターネットと共存し皆さまと共感し共に成長すること」

私のウェブ解析士認定講座は出会いの場です。

※この記事はWeb解析横浜の皆さまへ感謝の気持ちを込めて書いたものです。
Web解析横浜の皆さまには大変感謝しており、そして今後とも色々と学ばせてください。
宜しくお願いいたします。